coreda(コレダ)のバナーが出る原因はカスペルスキーだった

ブログの記事を見ているときによく見かける「coreda人気ランキング」というバナー。
気になったことはありませんか?
実はネット環境によって出現率が違うみたいなんです。

coreda人気ランキングって

今回取り上げたのはこのようなバナーです。
調べてみると、ショップやサービスを紹介しているバナーのリンクが切れている時に代用で出現するバナーだそうです。
どんなサイトなのか実際にクリックしてみると下のようなページに案内されました。

F@N COMMUNICATIONSという会社が運営する「色々なサイトをジャンル別にランキングしたサイト」で、別に怪しいサイトではありませんでした。
害はなさそうなのでとりあえずホッとしたのですが、できることならばあまり表示されないようにしたいところです。

原因はセキュリティーソフトの可能性が

解決方法を探すため「コレダ」「バナー」などのワードで検索したところ、原因は使用しているセキュリティーソフト「カスペルスキーインターネットセキュリティ」の「Webトラッキング防止」機能だということがわかりました。

原因がわかったところで解決方法を調べ以下のように対処した結果「coreda人気ランキング」バナーは表示されなくなりました。

カスペルスキーインターネットセキュリティーの設定を変更

まずはじめにカスペルスキーインターネットセキュリティーの設定画面を表示させ、画面左下の歯車のようなマークをクリックします。

以下の画面になりますので、左側の《プロテクション》をクリックし現れた右画面の《Webトラッキング防止》をオフにします。

以上で作業終了です。カスペルスキーの公式サイトでは今回オフにした「Webトラッキング防止」機能を次のように説明していました。

閲覧者の好みに応じて対象を絞り込んだ広告を表示するために、Web サイトでは閲覧者の行動に関する情報が収集されていますが、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2019 の Web トラッキング防止を使用することで、Web サイトの閲覧時にユーザーの行動に関するデータが収集されることを防ぐことができます。 出典:「カスペルスキー インターネットセキュリティー 2019 よくある質問

つまり、広告関係の設定であってセキュリティー上はそれほど心配することはないようです。

うまく広告が表示されなかったら

多くの場合「Webトラッキング防止」機能をオフにすることで問題は解決するようですが、うまくいかなかった場合は追加で《Webトラッキング防止》の3つ下にある《バナー広告対策》をオフにしてみて下さい。きっと解決できると思います。

さいごに

今回は「coreda人気ランキング」バナーが頻繁に表示される原因とその解決方法について調べてみました。

もし、私と同じように「coreda人気ランキング」の出現頻度が高いと思っている方で、やはり同じように「カスペルスキーインターネットセキュリティー」を使用している場合、もしかすると症状が解決されるかもしれませんので試してみてください。