かんたんスマホは60歳以上なら機種変更でも国内通話0円?

70歳を過ぎた父のスマホデビューを考えMVNO各社を比較した結果、現時点では、60歳以上のシニアに限って言えばスマホはY!mobileの「かんたんスマホ」一択でいいのかもしれないと思うようになってきたのですが、本当にそうなのか、父の意向を踏まえながらもう一度調査してみることにしました。

シニア世代(特に高齢者層)のスマホ保有率の推移を見る

出典:総務省政策白書スマートフォンの個人保有率の推移

上の表は、総務省のホームページで公表されているスマホの個人保有率推移のグラフです。
2013年から2017年の推移を見るとほぼ全年代で保有率が上がっていますが、シニア層だけを見てみると、60代では大きな伸び率で全体平均に迫っていますが、70代以降の伸び率は鈍く、全体平均の60.9%に対し18.8%とその保有率が低いことが分かります。

一因としてあるのが、スマホに否定的だったころの父の言葉なのではと思います。

「今更新しいことを覚えるのは面倒くさい」
「そんなに使わないのに料金がもったいない」

気持ちの問題です。スマホに対するネガティブなイメージなのではないかと思います。

確かに高齢になってから新しいことを覚えるのは気持的に簡単ではないでしょうし、月々の費用負担も「スマホ代」よりも他に比重を置きたいものがあるでしょう。
しかし、父の言葉を逆に考えれば、「操作が簡単で料金が手ごろなものを探してくれ」ということだったのかなと勝手に解釈し、その部分を調査の中心にしてみました。

 

1か月の携帯電話代の相場は

ドコモ・AU・ソフトバンクの一般的にキャリアと呼ばれている会社での料金は、端末の代金を割賦払いしている間は9,000円前後、端末の支払いが終わると7,000円程度といわれています。
一方、格安SIMとも呼ばれるMVNO各社では、それぞれ4,000円前後と2,000円前後ですので、条件が合えばMVNOを選んだほうが月々のコストを抑えることができます。

料金を気にしている父の意向に沿っているのはMVNOといえるでしょう。

携帯電話各社では、時期により各種キャンペーンを行っています。
そういったものを上手に使うことで、上記料金を抑えられる場合があります。

データ使用量の目安は

データ使用量の目安はいろいろなサイトで紹介されていますが、今回はソフトバンクの公式ページを参考にして一覧にしてみました。

1GBで使えるサービスの目安1か月あたり

メールの送受信 およそ 2,090通(1通あたり500KBとして)
ホームページの閲覧 およそ 3,490ページ(1ページあたり300KBとして)
動画の視聴 およそ 4.5時間(1分あたり4MBとして)
音楽のダウンロード およそ 250曲(1曲あたり4MBとして)

1GBで使えるサービスの目安1日当たり

メールの送受信なら およそ 69通/日(1通あたり500KBとして)
ホームページの閲覧 およそ 116ページ/日(1ページあたり300KBとして)
動画の視聴 およそ 9分/日(1分あたり4MBとして)
音楽のダウンロード およそ 8曲/日(1曲あたり4MBとして)

上記一覧を見ると、外出先での動画視聴を想定した場合1GBでは完全に足りないことが分かりますが、メールやSNS、ホームページの閲覧がメインで、外で動画を見ることは考えていない場合や、大きなデータを使うときはWi-Fiを使うようにするのであれば、1GBでも十分データ量は足りるといえます。契約時のデータ量で料金が大きく変わりますので、ぜひ前もって考えておきたいポイントです。

父はというと、パソコンでも動画を見ることはほぼありませんので、データ量はあまり大きくなくて問題ないと思います。

 

【本題】Y!mobile「かんたんスマホ」で本当にいいのか

ここからが本題です。
シニアのスマホはY!mobileの「かんたんスマホ」一択でいいのか調査を進めてみます。

端末は簡単に操作できるか

かんたんスマホ
京セラ / 705KC

〈カラー
ライトブルー
ライトピンク
シルバー

かんたんスマホは京セラ製の705KCという端末です。
いったいどんなところがシニア向きなのか、その特徴を簡単に見てみたいと思います。

大きな文字シンプルなホーム画面で簡単に操作できる。
②電話・ホーム・メールの専用ボタンが配置されているので、直感的に操作が可能。不在着信やメールがあれば、それぞれのボタンが光って知らせてくれる
③困ったときには「サポート」ボタンを押すだけで、スマホが自動診断を始めてくれる。
④最新の迷惑電話リストをもとに、怪しい着信を判断し警告画面を表示してくれる。
専用ボタンを押して話しかけるだけで音声検索をしてくれる。

主な機能を抜粋しましたが、初めてスマホに触る方でも簡単に安心して使えるよう設計されたスマホのようです「今更新しいこと覚えるのは面倒くさい」と思っている父でも、十分使いこなせるのではないかと思います。

端末の詳細はこちらでご確認ください。 ⇒ かんたんスマホの商品情報はこちら

 

料金と支払方法は

料金体系は上記の3つのプランがありますが、今回は一番リーズナブルなSプランで考えます。

基本料金は2,980円ですが、当初13か月は「ワンキュッパ割」が適用になり1,000円引きの1,980円になります。それに端末の割賦代金が加わり、月々の支払いはおよそ3,000円くらいです。それで国内通話料がずっと無料になる「スーパー誰とでも定額」が付加され、一定期間データ通信料も割増しになるのですから、60歳以上の契約に限ってはやはり割安に感じます。
さらに、クレジットカードでの支払いに抵抗がある人にとって、口座振替で料金を支払うことができる点は大きなポイントです。

 

お得なキャンペーンはあるか

「料金と支払方法は」でも書きましたが、本来10分以内の国内通話は何回でもかけ放題のところ、契約年齢が60歳以上の場合、オプションサービスの「スーパー誰とでも定額」に無料で加入できますので、通常の国内通話は料金を気にせず何分でも何回でも話すことができます

通常毎月1,000円(税抜き)かかるオプションサービスを、60歳以上であれば誰でも無料で付加できるのですから重要な選択理由になると思います。

 

契約した後のサポートはしっかりしているか

ワイモバイルショップは

かんたんスマホにはサポートボタンがついているので、困ったときにはそのボタンを押すことで自動で診断を始めてくれることは既に書きましたが、それでも解決しない時には同じ画面に表示される「電話をかける」ボタンを押すことで専用のカスタマーセンターに電話することができます。カスタマーセンターでは選任のオペレーターに無料で直接相談することができます。更に頼もしい点は、他のMVNOにはないY!mobileショップを各地に展開しているところです。わからないところを直接店舗で対面して教えてもらえることは、シニア世代にとってうれしいシステムです。

 

まとめ

1、料金は低く抑えたい。
2.料金のことを考え通話料は定額にしたい。
3.データ通信はあまりしない。
4.簡単に操作できる

上記の条件で調査の結果、60歳以上のシニア世代が初めて使うスマホはY!mobileの「かんたんスマホ」が有利であるとの結果に至りました。特に父のような70歳代以上の、現役時代にガラケーを使うこともあまりなかった世代にとっては、最初のスマホとして名前のとおり簡単で使い始めやすい機種だと思います。どんな返事が返ってくるかわかりませんが父に勧めてみたいと思います。

 

60歳以上ならずーっと国内通話0円

 

【追記】既に契約している人への対応は

今回この記事を書いているとき、ふと疑問に思ったことがあります。

「既にスーパー誰とでも定額に入っている60歳以上の人の扱いは?」

新規で契約する人は無料になるのに、既に契約している人は変わらず毎月1,000円払い続けるのは不公平なのではと思い、実際ショップに行って聞いてきました。
ショップの店員さん曰く
60歳以上ならずーっと国内通話0円のキャンペーンは機種限定で行っておりますので、機種変更をしていただければキャンペーン対応になります。ただし、スーパー誰とでも定額の料金はいただきませんが本体購入代金をお支払いいただくことになります。」
とのことでした。
まとめると下の表のようになります。

  現 状 機種変更した場合
スマホプランS 3,218円 3,218円
スーパー誰とでも定額 1,080円 無料
端末割賦料金 2,484円
月額割引 ▲1,080円
合 計 4,298円 4,622円
差 額   +324円

端末の料金を支払っている間は324円プラスになり、それ以降は1,080円安くなるようです。電話番号はそのままで「かんたんスマホ」を使ってみたいという方は、機種変更という選択肢もあるかもしれません。