Amazonプライム会員はそれ以外の人に比べどれだけお得なのか

サービススタートから10年以上、先日値上げをしたにもかかわらず会員数は増えているAmazonプライムですが、実際どのくらいお得なのか。
会員と会員以外ではどのくらい違いがあるのかを、値上げを機に自分が使用しているサービスを中心に考えてみました。

もしアマゾンプライム会員じゃなかったら

配送やビデオ鑑賞・音楽鑑賞など多くの特典が用意されているアマゾンプライムですが、もし会員じゃなかったら、どのくらい費用がかかるのか考えてみることにします。

プライムデリバリー

アマゾンでネット通販をした場合、2,000円未満の買い物は通常400円の配送料がかかります。月に1回程度買い物でアマゾンを使う方であれば、それだけで年間4,800円かかることになります。
もし、通常より早く荷物が届く「お急ぎ便」を使うのであればさらに費用がかかりますので、配送の面だけを考えても4,900円という年会費はまだまだ納得できる範囲でしょう。

 

プライムビデオ・プライムミュージック

ネットを使った動画配信サービスの料金は、月額500円程度から2,000円くらいまでが主流ですし、音楽配信サービスはそのほとんどが1,000円ほどですから、月額500円で両方楽しめるアマゾンプライムのお得感は健在です。さらに多くの音楽を楽しめるAmazon Music Unlimitedに加入してもプラス780円ですから、動画・音楽配信の面でも4,900円という年会費はお得だと言えるでしょう。

現在ラインナップされている作品の中には、興行収入記録を次々と塗り替え社会現象になっている「鬼滅の刃」や、つい最近話題になった映画「ボヘミアンラプソディー」などもあり、それらを家でゆっくり見れるだけでも会員になるメリットはあるのではないかと思います。

amazon musicでは「official髭男dismのI LOVE…」や「YOASOBIの夜に駆ける」など新しい曲から懐かしのディスコソングまで多くの曲を聴くこともできます。

 

プライムリーディング

1,000冊以上の書籍を読むことができるこのサービスも、本を読む機会が多い方にはうれしいサービスだと思います。このサービスだけのために会員になるということになると、読める本が限られますので正直あまり魅力を感じませんが、他のサービスと合わせて考えるとやはりお得だと思います。
なお、もっと本を読みたいという方は月額980円追加してKindle Unlimitedに加入すると100万冊以上の書籍が読み放題になります。

 

感想

ここまで私が主に使っているアマゾンプライムの特典だけを見てきましたが、それだけでも現状とてもリーズナブルな料金設定に感じます。さらに多くのサービスを使いこなしている方はなおさらです。
ちなみに他の国ではどのくらいの会費なのか調べてみると、アメリカやイギリスでは10,000円以上ですし、フランスやドイツなどでも6,000円から7,000円程度と結構高額なことに驚きました。
受けられる特典に多少の差はあるかもしれませんが、日本はまだまだ会費が低く設定されており、コスパのいいサービスと言えるのではとあらためて感じました。

 

 

Amazonプライムの30日間無料体験を試してみる