充電エラー5とは?Roomba(ルンバ)が充電できなくなったワケ

年単位で放置していたロボット掃除機「ルンバ」を久しぶりに使ってみようと充電したところ、「充電エラー5」というアナウンスがあり全く充電できない状態になりました。
そうなると何とか動かしたいと思う性分なので、いろいろ対処法を試してみました。

ロボット掃除機ルンバ

Roomba(ルンバ)は、アメリカのiRobotが開発したロボット掃除機です。室内を動き回って掃除をしてくれ、終わると自動でドック(ホームベース)に戻り充電します。我が家に来た当初は物珍しさもありフル稼働していましたが、掃除中の音が気になりだんだん使用しなくなっていました。
今回、せっかくあるのだからもう一度使ってみようと思いスイッチを入れてみるたのですが、ボタンのランプがオレンジ色に高速点滅し「充電エラー5」というメッセージが流れました。

充電エラー5

充電エラー5とはいったいどういう状態なのか。早速irobotの公式サイトで確認してみると次のような説明がありました。

充電エラー 5は、の充電システムが正しく動作していないことを示しています。
エッジクリーニングブラシとボトムプレートを取り外して、装着されているバッテリーがアイロボット純正バッテリーであることを確認してください。
純正品以外のバッテリーを使用すると、充電エラーが発生する可能性があります。
ホームベース™とロボットの充電用接続部に、ホコリやゴミが溜まっていないことを確認してください。
ホコリやゴミが付着している場合は、乾いた清潔な布で充電用接続部から取り除いてください。
ルンバをホームベースに置いて、再度充電してください。
このメッセージが消えない場合は、アイロボットサービスセンターにお問い合わせください。
参照:irobot公式サイト

これを読んだ限りでは、バッテリーの接続端子が汚れているだけのような意味にとれましたので、自分で対処できるかもしれないと思い試してみることにしました。

バッテリーの接続端子を清掃する

バッテリーの接続端子を拭く

まずは説明にあった通り、本体バッテリーとドックが接合する部分の清掃をしました。見たところそれほど汚れていなかったので、もしかしたら原因はここではないかもしれないと思いましたが、とりあえずきれいな布で磨いてみました。

清掃後本体をリセットする

清掃終了後本体をドックに戻しリセットしました。我が家にあるルンバは下記の方法でリセットすることができました。

500・600シリーズ
電源を入れSTOPとDOCKをCLEANが消灯するまで同時に長押しします。
700シリーズ
CLEANボタンを10秒ぐらい長押しします。
ボタンから手を離した際にメロディーが流れたらリセット完了です。

リセット後しばらくは充電中を示すオレンジ色のランプがゆっくり点滅する状態が続きましたが、その後高速点滅に変わってしまいました。原因はここではなかったようですので次の対処方法を試してみることにします。

バッテリーを本体から外して清掃する

内部端子の清掃

本体裏蓋のねじを数カ所はずし内部からバッテリーを取り出します。バッテリーの両サイドには取り出しやすいように持ち手がついていました。

バッテリーを取り出し接続端子をよく見ると緑青のようなものが付着していました。きっとこれがエラーの原因だと思いますので、そのさび状のものを除去してみることにしました。

緑青を拭きとり再度リセット

10円玉などについた緑青の除去方法として一般的に言われているのが、酢と塩を混ぜた液体につける方法ですが、さすがにバッテリーにこの方法を使うのは抵抗がありましたので付着部分をサンドペーパーで磨くことにしました。おおよそ取れた時点で再度本体にセットしリセットしてみました。しばらく様子を見ましたが、オレンジ色のランプがゆっくりと点滅した状態が続いていますのでとりあえず成功のようです。あとは充電完了の緑ランプを待つだけです。

清掃開始

充電完了の緑色のランプが点灯しましたので、「CLEANボタンを押して清掃開始です。
聞き覚えのあるメロディーが流れルンバが動き出しました。

今回は、バッテリーの接続端子を清掃したことで動くようになりましたが、完全放電状態で長期間放置していたことでバッテリーが弱くなっている可能性は否めません。もしバッテリーの持ちが悪くなっているようでしたら交換も視野に入れなければならないでしょう。しばらくはこのまま動いてくれることを祈り様子を見ながら使うことになりそうです。

さいごに

「充電エラー5の状態になった場合は、一度バッテリーをはずして必要箇所を清掃することで復活させることが可能なケースがあることが分かりました。
もし同じようにオレンジ色のランプが高速で点滅し「充電エラー5」というメッセージが流れる状態になってしまったら、充電用の接続端子をチェックすることをお勧めします。修理依頼をしなくても復活するかもしれません。
一通りチェックし清掃しても変化がない場合は、公式サイトの説明にもあったようにアイロボットサービスセンターに連絡するのが無難です。更に状態を悪化させてしまっては元も子もないですから。