消費税ポイント還元のためのキャッシュレス決済用「電子マネー」はクレジットカードも銀行口座も登録せずに作れる

10月になりとうとう消費税率が改定されました。
テレビでは連日のようにその特集が組まれています。
その中でも特に多く目にするのがキャッシュレス決済によるポイント還元についてですが、対象のサービスを利用していない人はその恩恵を受けることが出来ません。

今回は、クレジットという言葉に警戒感を示してしまいその手のカードを持っていない方でも比較的安心して使うことが出来るであろう、クレジット機能も口座連携機能も付けずに使用できる電子マネーをいくつか比べてみたいと思います。

キャッシュレスで買い物するとポイント還元

今回の消費税増税にあわせて、キャッシュレス決済での買い物に対しポイントを還元する事業が実施されます。
対象となるのは中小店舗での買い物で、期間は2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月間です。
対象店舗には上記のロゴが掲示されています。(コンビニのポスターは5%のところが2%になっています。)

実際に還元されるのは、原則5%、コンビニなどでも2%ということですから、キャッシュレス決済を使って上手に節約をしたいものです。

ポイント還元の対象になる主な決済手段

対象となるキャッシュレスサービスや対応店舗の詳細は以下のページで確認することが出来ます。

キャッシュレス・消費者還元事業公式サイト(消費者用ページ)

今回はこの中で、クレジットカードを持たなくても銀行口座を登録しなくても入手し使用することが出来る電子マネーをいくつか見てみたいと思います。

 

比較的簡単に入手できるおすすめ電子マネー

nanaco(ナナコ)

セブン&アイグループが運営する商業系の電子マネーです。
セブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズなどで使用することができます。

発行カウンターのある店舗やインターネット経由で入手することができる電子マネーです。初回発行手数料として300円必要になりますが、時期によっては入会時にポイントを付与してくれるキャンペーンを行っていますので実質無料で手に入れることが出来たりします。
セブンイレブンのレジで購入できますので、最も簡単に
入手できる電子マネーのひとつです。

入手方法

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの店舗やインターネット経由で購入できます。

チャージ方法

  • セブンイレブンをはじめチャージを受け付けている店舗でチャージすることが出来ます。
  • セブン銀行のATMでチャージすることが出来ます。

ポイント利用方法

セブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズなどで電子マネーに交換することで1ポイント1円として使用できます。

 

WAON(ワオン)

イオングループが運営する商業系の電子マネーです。
系列のイオンやミニストップ以外にも、ファミリーマートをはじめ多くの店舗で使用することができます。

発行カウンターのある店舗やインターネット経由で入手することができる電子マネーです。初回発行手数料として300円必要になります。
ミニストップのレジで購入できますので、最も簡単に
入手できる電子マネーのひとつです。

入手方法

ミニストップやイオンなどの発行カウンターのある店舗やインターネット経由で購入できます。

チャージ方法

  • ミニストップをはじめチャージを受け付けている店舗でチャージすることが出来ます。
  • イオン銀行のATMでチャージすることが出来ます。

ポイント利用方法

イオン銀行ATMやWAONステーションなどでチャージすることで1ポイント1円として使用できます。ファミマのファミポートでもチャージできます。

 

楽天Edy(エディ)

楽天グループが運営する商業系の電子マネーです。
ほとんどのコンビニエンスストアをはじめ、数多くの店舗で使用することが出来ます。

楽天Edyオフィシャルショップで購入することが出来る電子マネーです。
オフィシャルサイトからネット購入しなければならないので少し手間がかかりますが、支払方法にコンビニ前払いを選択すれば、クレジットカードなどが無くても購入できます。

入手方法

楽天市場にある楽天Edyオフィシャルショップで購入できます。

チャージ方法

  • 楽天Edy加盟店(コンビニなど)でチャージすることが出来ます。
  • セブン銀行のATMでチャージすることが出来ます。
  • 一部の店舗に設置してある現金入金機でチャージすることもできます。

ポイント利用方法

  • 楽天ポイントとして加算されますので楽天のサービスに利用することが出来ます。
  • 楽天Edyにチャージすることで1ポイント1円として使用することができます。
楽天Edyを使用してポイント還元を受ける(ポイントを利用する)には楽天に会員登録(無料)する必要があります。

 

Suica(スイカ)

JR東日本が運営する交通系の電子マネーです。
JR東日本の列車はもちろん、各種交通機関や店舗などで使用することが出来ます。

Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機やみどりの窓口で入手することが出来ます。発行時、デポジット預り金)として500円が必要になりますが返却すれば返金してもらえます。
「記名式
と「無記名式を選択できますが、「無記名式ではポイントを利用できません。

入手方法

Suicaエリア内にあるJR東日本の駅(一部の駅を除く)の多機能券売機、みどりの窓口で購入できます。
なお、クレジットカードは使用できません。

チャージ方法

  •  自動券売機などでチャージすることができます。
  • セブン銀行のATMでチャージすることが出来ます。
  • Suicaが利用可能な店舗でチャージすることが出来ます。

ポイント利用方法

  • 自動券売機などでチャージすることで1ポイント1円として使用できます。
Suicaを使用してポイント還元を受ける(ポイントを利用する)には記名式Suicaを選択しJRE POINTに登録する必要があります。
JRE POINT公式サイト】JRE POINT Suicaで貯める・使う

 

ICOCA(イコカ)

JR西日本が運営する交通系の電子マネーです。
JR西日本の列車はもちろん、各種交通機関や店舗などで使用することが出来ます。

ICOCAエリア内にあるJR西日本の駅の多機能券売機やみどりの窓口で入手することが出来ます。発行時、デポジット預り金)として500円が必要になりますが返却すれば返金してもらえます。

入手方法

JR西日本のICOCAエリアの駅のみどりの窓口(一部を除く)、または自動券売機で購入できます。
Suica同様クレジットカードは使用できません。

チャージ方法

  • 自動券売機などでチャージすることができます。
  • セブン銀行のATMでチャージすることが出来ます。
  • チャージを受け付けている店舗でチャージすることが出来ます。

ポイント利用方法

  • 自動券売機などでチャージすることで1ポイント1円として使用できます。
ICOCAを使用してポイント還元を受ける(ポイントを利用する)にはポイントサービス利用登録をする必要があります。
詳しくは【ICOCA公式サイト】ICOCAポイントサービス利用登録方法

 

さいごに

消費税増税にあわせて行われるポイント還元のために比較的簡単に入手できる電子マネーについて比べてみましたが、一度使ってみると小銭もいらず、チャージした金額以上の買い物もしないで済み、少しですがポイントも貯まるとても便利なものだと思います。
今まで完全現金主義だった方も、この機会に試しに1枚作って使ってみてもいいのではと思うのですがいかがでしょうか。きっと財布がスリムになると思います。

クレジットカード会社大手やWAONは、1枚あたりの1カ月の還元額の上限を15,000円にする方針のようです。一方、nanacoやSuica、楽天Edyは、月額での還元額には上限は設けないようですので、よく確認して上手に節約したいものですね。