保険料のことをきちんと理解しお得な保険料で生命保険選びを

生命保険の契約を検討するとき、まず考えるのが保障内容と保険料ではないかと思います。
今回は生命保険の基本である死亡保険の保険料算出の仕組みとあわせて、一時払や全期前納払などいくつかの保険料払込方法について確認したいと思います。

保険料の仕組み

保険設計はアクチュアリー(保険数理士)と呼ばれる資格者が行いますが、その際保険料算出の根拠となるのが「予定利率」「予定死亡率」「予定事業費率」という3つの数値です。
ここではそれぞれどのようなものなのかを確認してみます。

予定利率

契約者が支払う保険料を運用することで得られる利回りの見込みを数値化したものです。
保険会社により運用方法は異なりますが、この数値を高く設定すれば(うまく運用し利益を上げることができると見込めば)保険料は安くなりますし、低く設定すれば(低金利や社会情勢などを鑑み運用益を上げることが難しいと見込めば)保険料は高くなります。

「逆ざやという言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、これは実際の運用利回りが予定利率を下回ってしまう状態のことで保険会社には大きな負担になります。
逆に契約者側から見れば、実際の運用益よりも大きい見込み額で保険料が算出されているわけですからとても有利な保険ということになります。
このことからこのような保険を「お宝保険と呼ぶことがあります。

予定死亡率

契約期間中に契約者が死亡するリスクを数値化したものです。
死亡者数の統計を参考に確率を計算するのですが、その際、男女別や年齢別の統計をみて計算するためそれぞれの保険料が違ってくるのです。職業によって契約可能な保険金額の上限が異なるのもこれが1つの理由です。
あたりまえですが、予定死亡率が高ければ保険料も高く、低ければ保険料は安くなります。

予定事業費率

保険会社の経費を数値化したものです。
人件費、物件費、広告費など様々な経費がありますが、これらを低く抑え予定事業費率を下げることが出来れば保険料は安くなり、逆に費用が膨らみ予定事業費率が上がってしまうと保険料は高くなります。

最近はやりのネット型保険が割安なのは、人件費などを中心にこの予定事業費率を低く抑えることが出来るためです。

これらの3つの数値のうち「予定利率」と「予定事業費率」は保険会社によって差があるため保険料に違いが出るわけです。

保険料払込方法の種類

保険料の払込方法にもいくつか種類がありますが、ここでは代表的な払込方法と分かりにくい払込方式について簡単に見てみたいと思います。

  • 終身払
    終身保険で、保障期間中ずっと保険料を支払う方法です。
    保険料を支払っている間は保障が続く解りやすい払込方法です。
  • 払済
    保険料を10年間、あるいは60歳までといった具合に期間を決めて支払う方法です。
    終身払終身保険と60歳払済終身保険を比べると、月払いの場合、月々の保険料は払済のほうが多くなりますが保険料総額は払済のほうが少なくなります。
  • 一時払
    保険料を一回で支払う方法です。
    保険料総額は上のいずれの方法よりも安くなるのですが、一時払を選択できる商品が限られていたりいくつかのリスクがあったりします。(下の比較を参照ください。)

一時払と全期前納

保険料を一括で支払う払込方法に一時払全期前納払があります。
どちらも一度に保険料を支払うことができる点で同じようにみえますが、内容はずいぶん違いますので注意が必要です。
いくつかの違いを簡単に比較してみましたので参考にしてください。

保険料払込手段

月払などの平準払で保険契約した場合の保険料払込手段には担当営業が集金に来てくれたり自分で直接振込んだりといろいろありましたが、現在主流になっているのは以下の3つのようです。

  • 口座振替
    申込み時に口座振替依頼書を記入し口座から引き落とす支払方法です。
    最近ではインターネット端末での契約にあわせて口座届出印が無くても手続きできるようになってきています。
  • クレジットカード払い
    クレジットカードで支払う方法です。
    クレジットカード会社のポイントも付きお得ですが、保険会社や保険の種類によっては対応していない場合がありますので担当者への確認が必要です。
  • 給与控除
    勤め先が保険会社と取扱契約を結んでいる場合、毎月の給料から天引の形で保険料を支払うことが出来ます。
    自分で払込む手間が省けたり、条件を満たしていれば団体割引で保険料が安くなったりとメリットが多い方式ですが、自動的に引かれるため保険料を支払っているという意識が薄れ、気付いたらたくさんの保険料を支払っていたということもありますので注意が必要です。
退職時に保険料口座振替の手続きをすることになってはじめて保険料の額に驚いたという話を聞きますので、日頃から給与明細の控除欄を確認することが大切だと思います。

さいごに

保険料の算出方法を知ることで「CMが多いのに保険料が安かったりサービスのいい会社は運用が上手なのかな」など保険会社について考えることが出来ます。
また、保険料払込方法を知ることでより有利な形で保険契約をすることが出来ます。
この記事でそんなことを考えるきっかけにしていただければ幸いです。