まだ遅くない!!「Windows7」と「Windows8」はお金をかけず「Windows10」に無料アップグレードできる

2020年1月14日をもってWindows7のサポートが終了しました。
今回、実家のWindows7とWindows8のパソコンを無料(無償)でWindows10にアップグレードしてきたので、その経緯と方法について簡単に記録したいと思います。

サポート終了を心配して連絡が

我が家のパソコンは既にWindows10になっていたのでWindows7のサポート終了については全くの無関心でしたが、Windows7のままで使用していた実家から「サポート終了の案内がきたけれどどうしたらいいか」という連絡があり、あらためてそのことについて考えることになりました。

アップグレードの方法を調べる

大昔、今では見かけなくなったフロッピーディスクドライブとセットでDSP版のOSを購入したことがあったので、今回もそのようなものはないかと通販サイトを探したのですが、検索結果に1,000円ちょっとで購入できるものがありました。
値段ですぐに飛びつきそうになったのですが、ダウンロード版でコードだけを購入するタイプのようで法律にひっからないものなのか少し心配にもなりました。
その時思い出したのが、Windows10発売時に行われた無料アップグレードのキャンペーンです。
もしかしたらまだその方法が使えるかもしれないと思い「Windows10」「無料」で検索したところ複数のページがヒット。Microsoftの公式サイトから行う方法だったので安心して作業することにしました。

無料でWindows10へアップグレード

まずは準備と確認

アップグレード作業に取り掛かる前にまずファイルのバックアップを取りました。
とはいっても家計簿とインターネット閲覧にしか使っていなかったようなので、家計簿のデータをUSBにコピーして終了です。失敗してもWindows7を再度インストールすればと思い簡単に済ませましたが、本来はしっかりバックアップすべき作業だと思います。
Windowsのイメージバックアップを使ってコピーを取っておけば安心でしょう。

また、古いパソコンですのでアップグレード後正常に動作しなくては困ると思い推奨環境を確認したのですが、問題なさそうなので細かくチェックすることはしませんでした。
もし動作が重くなったり不安定になったとしても、再度Windows7にダウングレードすることができるようです。

ちなみにWindows10を動作させるための推奨環境は下のページで確認することが出来ます。

Windows 10 のシステム要件

アップグレードのためのツールをダウンロード

いよいよアップグレード作業の開始です。
まずはMicrosoftのサイトから専用ツールをダウンロードします。

Windows10ダウンロードのページはこちら

ページの中ほどにある《ツールを今すぐダウンロードをクリックして、MediaCreationToolをダウンロードします。
すぐに使いますのでデスクトップなどわかりやすいところに保存するといいでしょう。

アップグレード開始

任意の場所に保存したMediaCreationToolを起動させます。
まずライセンス条項の確認画面になりますので《同意する》をクリックすると次に現れるのが下の画面です。

このPCを今すぐアップグレードするをチェックし画面右下の《次へをクリックします。
画面が切り替わり上とは別のライセンス条項の確認画面になりますので、ここでも《同意する》をクリックします。

しばらく待つと(この間も画面は何回か切り替わります)上の画面になりますので、赤丸の部分を確認し画面右下の《インストールをクリックすれば後はしばらく待つだけです。
環境によってかかる時間は違うと思いますが結構な時間がかかります。
この時は1時間ちょっとかかったと思います。

最終的にWindows10の画面になればアップグレード成功です。
必要に応じて手動アップデートをします。

ウィルスソフトなどWindows10に対応していないソフトがある場合それらのエラー通知が出ることがありますので対処する必要があります。

さいごに

無事Windows7からWindows10へのアップグレード作業をすることが出来たので、まだサポート期間は3年あるようですがWindows8.1のPCも同様の手順でアップグレードしました。
少し時間はかかりますがそれほど難しくない作業でしたので、まだWindows7を心配しながら使っている場合試してみる価値はありそうです。
ただし、作業に失敗するケースもあるようなのでバックアップはしっかりとる必要があるでしょう。