保険料が生涯変わらない医療保険でこどもの病気やけがに備える

こどもに医療保険は必要かどうかということから始まり、前回はこども向け共済について考えてみましたが、今回は民間の医療保険について少し考えてみたいと思います。
共済とは異なり幅広い保障を持つことには向いていませんが、保障を絞ることで費用負担を軽くできたり、期間なく一生涯の保障を持てたりと共済とは違ったメリットがありそうです。

必要かもしれないのはどんな人

まず初めに考えたいのが、こども向けの医療保険はどんな方が検討すべきなのかということです。
考え方は人それぞれですので一概には言えませんが、下記の項目に該当する方は一度調べてみる価値があるかもしれません。

  • こども向けの医療費助成制度があまり整ってない地域にお住まいの方
    自治体には一定年齢までこどもの医療費を助成してくれる制度がありますが、その内容は地域によって大きく異なります。お住まいの町の助成制度が少し物足りないとお考えの方は個人である程度の準備をされることも必要かもしれません。
  • 幅広い保障はいらないけれど入院した時の保障は必要という方
    色々な保障が組み合わされた保険料が高い保険はいらないけれど、例えば入院時の差額ベット代が発生した時のために入院保障だけは準備したいという場合、その部分に特化した保険を検討してもいいかもしれません。
  • こどもが遺伝性疾患を持っている可能性がある方
    もし発病してしまうと将来医療保険に加入することが難しくなる可能性がある場合、早めに有効な保障を準備しておく必要があるかもしれません。
  • こどもに一生涯の医療保障を準備してあげたいという方
    現時点ではあまり必要性を感じない場合でも、将来こどもが安い保険料で終身医療保険を継続できるようにしてあげたいと思えば早めに検討する必要があるでしょう。

終身医療保険のメリットは

医療保険には終身型と定期型がありますが、こどものためと考えるのであれば終身型になると思います。それはこどもが終身医療保険に加入するメリットとして次の2点が挙げられるからです。

  • 契約時の年齢で保険料が決まる
    終身医療保険の保険料は契約時の年齢を基準に算出されます。
    少しでも年齢が低いうちに契約することで安い保険料のまま一生涯保障を持ち続けることが出来ます。
    ※特約を付加した場合一部保険料が更新される場合があります。
    ※一般的に0歳の保険料はそれ以降一定年齢までの保険料に比べ若干割高に設定されています。
  • 更新がないので病気になっても継続できる
    一度契約してしまえばそれ以降保険料を払い続けている限り保障が継続しますので、もし医療保険に加入することが難しい病気にかかってしまったとしても問題なく保障を持ち続けることが出来ます。
    ※通算入院日数制限が設けられている保険の場合、その日数を超えてしまうと保障が終了する可能性があります。

実際の保障内容と保険料は

たくさんの保険会社が医療保険を販売していますがここではこども向けとして比較的人気がある3つの保険を見ながら内容を確認してみたいと思います。
他にも数多くの種類がありますのであくまでも一例としてご覧ください。

医療保険 新CURE(キュア)
オリックスグループのオリックス生命保険会社が販売している保険です。
この保険は七大成人病での入院に関して日数制限を長く設定しています。また、先進医療の保障では技術料の給付にプラスして一時金も支払われる内容になっています。

終身医療保険 SURE(シュア)
ソニーグループのソニー損害保険会社が販売している保険です。
この保険の大きな特徴は、がんに対する補償が充実しているということでしょう。がん保険同様に「がんでの入院給付金が支払日数無制限になる点は魅力的です。

ネオdeいりょう
第一生命グループのネオファースト生命保険会社が販売している保険です。
この保険は各種保障を特約にすることで基本の保険料を安く抑えている点が特徴です。終身割安な保険料で基本保障を継続し必要に応じて特約を付けはずしする使い方が可能です。

以下に上記3つの保険の主要な保障内容と保険料を簡単にまとめてみました。
あくまでも参考程度にご覧いただき詳細は公式ページにてご確認ください。

※SUREの手術給付金はがんの場合には入院の有無を問わず給付されます。
※保険料の支払方法はいくつかありますがここでは毎月定額を支払う保険料で比較しています。

こどもの医療保険契約前に確認したいこと

さて、ここまでこども向けの医療保険について考えてみたわけですが、家庭の環境などによってはあえて加入する必要がない方もいると思います。
医療保険検討の際には以下のようなことも確認しておく必要があるでしょう。

自治体の医療費助成

お住まいの市区町村で実施している子供向け医療費助成制度によっては、医療費があまりかからずにすむ場合があります。
自治体によっては18歳まで入院・通院にかかる費用をすべて助成してくれるところもありますので、そのような制度を確認し活用することで必要以上の保険料負担を抑えることが出来ます。

PTA連合会などが案内する総合保障

PTA連合会などによっては地域の小中学生に向けて団体保険などを案内しています。
けがの保障や個人賠償責任保障などがセットになったものですので、このような保険を有効活用することでも保険料負担を抑えることが出来ると思います。

さいごに

今回紹介した保険以外にもいろいろな保険会社が保障内容や保険料の違う商品を販売しています。
保障ベースで考えるのか、保険料ベースで考えるかによって選ぶ医療保険も変わってくると思いますが、いずれにしてもこどものうちであれば安い保険料で一生涯の保障を準備できることがおわかりいただけると思います。
「こどもの医療保険は必要
と思うのであれば1歳でも早く検討されるようおすすめします。