「ラクマ」と「メルカリ」の出品費用はどちらが安いか比較してみた

登録してしばらくは購入者として使用していたフリマアプリですが、次第に出品者として使ってみたいという気持ちが強くなってきました。「出品するからには誰かに買ってもらいたい」「買ってもらうためには買い求めやすい値段にしなければならない」「できればある程度の利益も得たい」などと考え、ラクマとメルカリの手数料・配送料など出品時にかかる費用をくらベてみることにしました。

ラクマとメルカリの出品手数料は

ラクマ、メルカリ共に出品する際に手数料はかかりません
取引が成立して初めて手数料が発生しますのでいくつ出品しても0円です。
特に出品数の多いメルカリでは出品後一定期間過ぎるとなかなか購入者に見てもらえなくなるようなので、売れるまで何度も出品と削除を繰り返す人が多いようです。

ラクマとメルカリの販売手数料は

ラクマ、メルカリ共に取引が成立した際、販売価格に手数料率をかけた金額が差し引かれます。
その率は両者で大きく異なり、
ラクマは3.5%+税(実質3.85%)メルカリは10%となっています。

例)10,000円の商品を販売した時にかかる手数料
 ラクマ:10,000円 × 3.85% = 385円 ・ 
メルカリ:10,000円 × 10% = 1,000円
 差額 = 1,000円 - 385円 = 615円

商品の販売価格が高額になればなるほど手数料の差額も大きな金額になっていきますので、販売手数料だけを考えればラクマを利用したほうが有利なことがわかります。

ラクマとメルカリの発送方法は

ラクマ、メルカリ共に日本郵便とヤマト便を使用することが出来ます。
主な発送場所は日本郵便を使用する場合は郵便局かローソン、ヤマト便の場合はヤマト営業所かセブンイレブン・ファミリーマートなどになります。持ち込む場所や時間により配達日数が違ってきますので、急ぎの依頼を受けた場合などは注意が必要です。

それぞれの発送方法は以下のようになっています。
別途手数料を支払うことで集荷を依頼することが出来る
発送方法もあります


A4サイズより小さなもの
・ネコポス(かんたんラクマパック)
・宅急便コンパクト(かんたんラクマパック)
・レターパックライト
・レターパックプラス
・ゆうパケット(かんたんラクマパック)
・スマートレター
・クリックポスト
・ゆうメール
・普通郵便(定形、定形外)
A4サイズより大きなもの
・ヤマト宅急便
・ゆうパック(かんたんラクマパック)
・ヤマト便

 


A4サイズより小さなもの
・ネコポス(らくらくメルカリ便)
・宅急便コンパクト(らくらくメルカリ便)
・レターパック
・ゆうパケット(ゆうゆうメルカリ便)
・クリックポスト
・ゆうメール
・普通郵便(定形、定形外)
A4サイズより大きなもの
・宅急便(らくらくメルカリ便)
・ゆうパケットプラス(ゆうゆうメルカリ便)
・ゆうパック(ゆうゆうメルカリ便)

 

ラクマパックとメルカリ便の発送費用(送料)は

ラクマパックとメルカリ便は日本郵便やヤマト便との提携により通常より安く利用することが出来る発送方法です。一定のサイズまでは全国一律200円以内で発送することが出来ますので、費用面を考えるとこれらの方法を使うことがベストだと思います。

販売手数料とは反対にほとんどのサイズでメルカリのほうが安く設定されているようです。
また、ラクマの場合匿名配送は日本郵便に限られますので、ゆうパケット以上のサイズのものを匿名配送で出品する場合には送料が高額になってしまうようです。

購入者にはネットフリマで個人情報を出品者に開示することに抵抗を持った人もいます。上記の配送方法であれば、ヤマト便を使用するかんたんラクマパック以外は匿名配送を使用することが出来ますので、これらの発送方法を指定することでそのような人たちも案内の対象にできるメリットがあります。

 

さいごに

今回、手数料だけを比較したところラクマのほうが有利であることがわかりました。
しかし他の面を見てみると、トラブルが起きた時などの事務局の対応はメルカリのほうが圧倒的に良いようですし、利用者数の多さから早く売れるのもメルカリだと言われています。
時間がかかっても利益が大きい方がいい場合はラクマ、とにかく早く売ってしまいたいものはメルカリなど、管理するのが少し面倒ですが両方を使い分けてもいいのかもしれませんね。