メタルバンドの腕時計を洗ってみたら予想以上に汚れていた

先日、子供がリサイクルショップで腕時計を購入してきました。
目立つキズなどはなく状態は悪くなかったのですが汚れが少し目立つ品物でした。
そのまま使わせるのは少し気になるということでケースを丸洗いすることにしました。

道具を準備

まず準備したのが腕時計用の工具です。ネットで探したところ、とりあえずは使えそうなセットを2,000円弱で見つけることが出来ましたので早速購入してみました。

〈参考〉実際購入したものとは少し違いますがこのようなセットです。

今回使用する道具は時計の裏蓋をこじ開ける道具とベルトの留め具部分のばね棒をはずす道具だけなのですが、単品で購入するよりも色々なものが入っていてお得な感じだったのでこのセットを購入することにしました。

その他今回準備した道具は以下のとおりです。

  • 時計の裏蓋をこじ開ける道具(上記画像右下にある黄色い道具)
  • ベルトの留め具部分のばね棒をはずす道具(上記画像中央のゴールドの道具)
  • 洗浄する部品を入れる少し深めの容器
  • 使用済みの歯ブラシ
  • 裁縫用の針など先のとがった棒(リューズをはずすときに使用)

そして肝心の洗浄剤ですが、腕時計の汚れは皮脂などの脂汚れがメインということもあり眼鏡洗浄剤がいいと言われますが、今回は少し汚れがひどかったのでキッチン用のスプレー式洗剤を使用することにしました。

道具の準備ができたところで早速作業に入ります。

今回の作業は失敗すると時計が使い物にならなくなってしまうリスクがありますので、だいじなものは絶対にしない方がいいと思います。専門店に依頼すると3,000円程度からクリーニングしてもらえるようです。

 

作業前の汚れを確認

今回クリーニングする時計です。

一見それほど汚れているようには見えないのですが、近寄ってみるといろいろな部分が汚れています。下の画像を見るとかなり汚れているのがわかります。

ケースのアップ右下の部分(ケースとベゼルの間)など特に汚れているのがわかります。

留め具のアップ相当汚れています。このままではちょっと使いたくないと思ってしまう汚れです。

 

機械(ムーブメント)をケースから外す

洗浄するにあたって、まず機械部分を外し汚れないよう保管します。
濡らしてしまったりコイルを傷つけてしまったりと、時計を使えなくしてしまうリスクがある作業ですので注意して行います。

ベルトのばね棒をはずし裏蓋を開ける

ベルトのばね棒をはずす
画像の赤丸部分にばね棒をはずす道具を差し込みはずします。
ばね棒は無くさないよう保管します。

使う道具はこんな形

裏蓋を開ける
画像の赤丸部分に蓋をこじ開ける道具が使えるへこみがあります。
そこに道具を差し込みこじ開けます。

使う道具はこんな形

ベルトの留め具のばね棒をはずし裏蓋を開けた画像です。
ソーラー時計でした。
裏蓋に「指定外の電池は使用しないように」という旨の注意書きがありました。
蓋をはずした部分も相当汚れているのがわかります。

リューズを引き抜きケースをはずす

上の画像の赤丸部分に矢印があります。通常この矢印で示された部分(PUSHと書いてあるものもある)を先の細い棒で押しながら竜頭を引き抜くことで機械をケースから外すことが出来るようになります。
機械をはずすときは、文字盤や針に触らないよう細心の注意を払います。指サックやゴムの手袋などを使用すると直接触れずに作業することが出来ます。

〈写真〉ケースから機械をはずしました。

  • 右 :機械が外れたケース
  • 左上:ケース裏蓋
  • 左中:竜頭とパッキン
  • 左下:機械(ムーブメント)
    ※文字盤と針はつけたままです。

機械部分は文字盤も含めてケースクリーニングが終わるまでゴミなどがつかないように保管しておきます。布などの上に置いてしまうと細かい糸くずなどが付いてしまうので、プラスチック製の眼鏡ケースに入れておくことにしました。小さなお菓子の箱でもよかったかもしれません。

 

ケースを洗浄する

洗浄の本番です。
汚れの程度によって洗剤の量や浸けおき時間を考える必要があります。

浸けおき用の容器に部品を入れます。
浅い容器では全体を洗浄液に浸すことが出来ないので、ある程度深い容器を使います。

部品の上から洗浄液を噴射し、水(お湯)で多少薄めしばらく浸けておきます。
その後、部品一つ一つを手に取りはブラシで汚れを落とし最後にお湯ですすぎます。

水分をとる際、風防ガラスの内側は糸くずなどつかないよう眼鏡ふきなどでふき取ります。
竜頭の穴など完全に水分をとるためドライヤーで乾かします。

洗った部品を取り出した後の容器です。
洗浄液の底に汚れがたまっているのがわかります。
こんなに汚れていたのですね。

 

機械とベルトを戻す

洗浄が終了したら組み直します。気を緩めて壊してしまわないように慎重に作業します。

ケースが完全に乾いていることを確認し、機械をケースに戻し竜頭をつけて裏蓋を閉めます。最後にばね棒でベルトをつなげば完成です。

機械(文字盤)を戻す際には風防ガラスの内側にゴミがついていないことをしっかり確認します。キズミと呼ばれるルーペなどでしっかり確認し、細かいゴミはブロアのようなものでしっかり除去します。

ブロアは大きな100円ショップであれば売っているようです。またキズミはやはり100円のルーペで代用できます。

さいごに

今回は汚れが気になった腕時計を洗浄してみましたが、自分で作業してもかなりきれいにすることが出来ることがわかりました。と同時にメタルのベルト部分は随分汚れていることがわかりました。
長い間使用しているお気に入りの腕時計があれば、たまにクリーニングをしてもらうべきなんだということがわかりました。

〈おまけ〉洗浄後の腕時計の確認画像

ケース周りの汚れはきれいになくなりました。ベルトの留め具もきれいになって気持ちよく使えそうです。