ウィズコロナ時代の郵送で出来る健康診断「おうちでドック」

新型コロナウイルスの流行により多くの人が3密の状態を避けるよう心掛けて生活している中、病院に出かけることなく自宅で健康診断ができる「おうちでドック」というキットを利用する人が増えているようです。
一体どんなものなのか?
今回はそんな「おうちでドック」の気になる部分を調べてみました。

おうちでドックとは

おうちでドック」とは、自宅で説明書や動画を見ながら検査キットを使って採血や採尿することで、がんや生活習慣病のリスクを短時間で人との接触を気にすることなく簡単に検査することができる郵送型の検査キットです。

採取して返送する血液はわずかな量であるにもかかわらず、特許を持つ特殊技術を使い解析することで病院の検査と同等の精度が保証された検査結果が2~3週間で手元に届きます

検査結果を確認するだけでなく、その結果に気になる数値があれば電話で医師に相談することもできます。

数種類のキットでがんや生活習慣病のリスクをチェック

「おうちでドック」には内容の異なるキットが用意されており、簡単な検査で以下のリスクをチェックすることが出来ます。

検査キット

おうちでドック・がん生活習慣病

がん・生活習慣病を幅広く総合的に調べたい人向けのキットです。
男性用と女性用があります。

おうちでドック・生活習慣病

生活習慣病が特に気になる人向けのキットです。

おうちでドック・がん

がんが特に気になる人向けのキットです。
男性用と女性用があります。

おうちでドック・胃がんリスクチェック

胃がんの原因となるピロリ菌の検査を一度もやったことがない人向けのキットです。

検査できる病気

  • がん
    大腸がん、食道がん、乳がん、子宮がん、前立腺がん
  • 生活習慣病
    糖尿病、動脈硬化、腎疾患、肝臓疾患、脂質代謝異常、高血圧、痛風・尿路結石、肥満度、栄養障害

付帯するサービス

「おうちでドック」では、郵送検査による検査結果シートが届いて以降にも以下のようなサービスが付いています。

  • 医師が電話解説をしてくれる
    検査結果の数値が気になるなど医師のアドバイスが聞きたい場合、医師が希望者全員に対して無料で個別電話解説をしてくれます。
  • がん専門医によるセカンドオピニオンが受けられる
    万が一がんのリスクをチェックするキットで検査結果に何らかの異常が確認された場合、がん専門医によるセカンドオピニオンを無料で受けることができます。
  • 株式会社JMDCが提供するオンラインサービス「clintal」を利用できる
    おうちでドック出荷から6ヶ月の間、オンラインサービス「clintal(クリンタル)」の「医師紹介サービス」 と「健康相談チャット」を無料で利用することができます。

検査は〈検体採取⇒郵送⇒結果通知〉の簡単3ステップ

始めに書いたように「おうちでドック」は自宅でできる郵送型の検査用キットです。

方法はいたって簡単で、購入したキットを使用し検体を自分で採取したら、それらを返送し2〜3週間程度待つと検査結果シートが郵送で届けられるシステムです。

検体の採取というと大げさに聞こえますが、採血は専用のキットを使用すれば一瞬チクッとする程度で済むようです。
(公式動画を参照ください⇒)

もし失敗しても「おうちでドックサポートセンター」に電話すれば無料でキットを交換してもらえるので、安心して検体を採取することが出来るでしょう。

【公式】おうちでドック検査方法~血液検査編~

おうちでドックの特徴をまとめると

郵送検査サービス「おうちでドック」の特徴をまとめると以下のようになります。

自宅で微量の血液と尿(一部のキットを除く)を採取しそれらを郵送するだけで、簡単に「がん」や「生活習慣病」のリスクがチェックできる
病院でするのと同じ「腫瘍マーカー検査」「血液検査」「尿検査(一部のキットを除く)」を実施することで、病院と同等の検査精度が保証される
医師による電話解説やセカンドオピニオンが無料で受けられる

さいごに

新型コロナウイルスの感染を避けるため毎日の行動が制限されている中でも、自身の健康管理はしっかりしたいものです。
今回調べた「おうちでドック」は、人との接触を避け、院内感染のリスクも少なからずある病院にも行かず、それでいて病院と同水準の検査ができる、まさにウィズコロナの時代の新しい健康診断の形かもしれません。

記事内の画像は「おうちでドック」公式サイトより引用いたしました。