無料でダウンロードできる「エンディングノート」を自作して「終活」では何をすればいいのか考えてみた

終活という言葉が世の中に認知されて十余年。それとともに拡がったのが終活の初めの一歩となるエンディングノートです。

これまでの人生を振り返り現在の自分を確認する。
これから何をしたいか何をすべきかを考える。
遺される人に伝えるべきことや自分の考えを伝える。

今回は『ライフメモ』と名付けたオリジナルのエンディングノートを作成しながら終活について考えてみたいと思います。

はじめに

『エンディングノート』という言葉の意味をそのまま考えれば「終わりのノート」ということになるでしょう。
そのため「自分の死を考えるノート」という解釈が大半を占めますが、今回作成したオリジナルのエンディングノート《ライフメモ》は「人生最期のときまで不自由なく充実した時間を過ごすためのノート」になるよう考えました。
この記事では、そんなノートの内容に沿って終活ではなにをすればいいかについて考えてみたいと思います。

《ライフメモ》はPDFファイルとして無料公開していますので、必要に応じダウンロードして利用してください。

“ライフメモ” をダウンロード life_memo.zip – 28 回のダウンロード – 777 KB

 

これまでと今の自分について確認する

自 分

まず自分のプロフィールをあらためて確認しましょう。
本籍地やあまり使うことの無い運転免許証や健康保険証などの識別番号を家族など近しい人に伝えておけば、自身に何か起きた際にサポートしてもらう準備をしておくことができます。

《ライフメモ》では2ページに以下のようなことを記入します。

《ライフメモ》P2

  • 氏名・生年月日・住所など基本的な情報
  • 住所と本籍地
    現住所と本籍地が異なる場合もありますのでしっかり確認しておきましょう。
  • 勤務先
  • 個人情報(公的な識別番号など)
    健康保険証の番号や自動車運転免許証の番号など本人証明に使用することもありますので備忘録としても役に立ちます。
  • その他の情報
    メモとして趣味や特技などを記入しておいてもいいかもしれません。
マイナンバーをノートに記載する際は紛失時のことも考え慎重に扱いましょう。
マイナンバーカード(通知カード)の保管場所を記入しておく程度でもいいかもしれません。

 

経 歴

自分の生まれた家、これまで通った学校、学生時代に住んだアパート、職場や新婚時代に住んだ家などを振り返りましょう。
これまでの住所地を記録しておけば戸籍などの資料を取り寄せる必要が生じた際に役立ちます。

《ライフメモ》では3ページに以下のようなことを記入します。

《ライフメモ》P3

  • 学歴・職歴
    必須の項目ではないかもしれませんが、その当時を思い出しながら記入しておくのもいいでしょう。
  • これまでに住んだことがある場所(住所)
    戸籍の収集作業が必要な場合参照することが出来ます。

 

家 族

家族の情報は少し離れた親族まで分かるように確認しておきましょう。
家系図を作成すれば誰もがそれを見ることで簡単に親族関係を把握することができます。
家系図はExcelなどを使い自分で作成してもいいでしょうし、ネットで検索すれば多くのサイトでひな型を公開していますのでそれらを使用してもよいでしょう。
当サイトでもオリジナルの家系図をダウンロードできますのでご参照ください。

《ライフメモ》では4ページに以下のようなことを記入します。

《ライフメモ》P4

  • 配偶者・子供の名前や生年月日
  • 両親・兄弟姉妹の名前や生年月日

 

本人からの親等と血族・姻族が一目でわかる家系図のPDFファイルはこちらからダウンロードすることができます。

“家系図” をダウンロード family_tree.pdf – 17 回のダウンロード – 52 KB

 

 

このページのまとめ

エンディングノートの基本項目でもある自身のプロフィールを確認しました。
いずれも家族・親族などに各種手続きを代行してもらうことになった場合、それらをスムーズに進めることができる材料となりますので整理しておきましょう。

次のページではお金のことについて確認します。