出産後の抜け毛はいつまで続くのか?分娩後脱毛症の原因と対処法

出産を経験した人の多くが、程度の差はあるものの「分娩後脱毛症」や「出産後脱毛症」と呼ばれる抜け毛を経験しているといわれています。
出産後のホルモンバランス変化などによりどの女性にも起こりえることなので過度の心配は必要ないといわれていますが、実際その状況になると気になってしまうのも当然のことでしょう。

今回は、抜け毛が増えてしまう期間をできるだけ悩むことなく過ごすことができるよう、この脱毛症が起こる原因やその対処法を確認してみます。

出産後の抜け毛の特徴は?

症状の程度や症状が出る期間には個人差があるものの、出産後に多くの人が経験する抜け毛である「分娩後脱毛症」にはいくつかの特徴があるようです。

抜け毛が増える時期

だいたい出産後2~3ヶ月目あたりから気になり始めることが多く半年から1年程度続くようですが、継続期間には個人差があり1年たっても治まらない人もいるようです。

抜け毛の量

多くの場合、出産後半年ほどたったころに抜け毛のピークを迎えるようですが、期間同様抜け毛の量にも個人差があり、ほとんど気にならない程度の抜け毛で終わる人もいれば、シャワーのたび浴室の床に大量の髪が落ちていたりブラッシングをするとブラシにたくさんの抜け毛が絡んだり、ひどいケースでは完全に地肌が透けて見えるくらい抜けてしまうこともあるようです。

どれだけ抜けるのか、いつまで続くのかが心配になる出産後脱毛症ですが、多くは出産後1年までにほぼ治まり症状も徐々に回復しますので、気にしすぎてストレスを溜めすぎることのないようにしましょう。

 

出産後の抜け毛の原因は?

出産後に抜け毛が増える主な原因としては、「ホルモンバランスの乱れとそれによる毛髪サイクルの乱れ」「妊娠中・出産後の栄養不足」「産後の生活の変化とそれによるストレス」などが挙げられます。

ホルモンバランスの乱れによる出産後の抜け毛

出産後の抜け毛の一番の要因と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

毛周期と呼ばれる髪が生え変わるサイクルには、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が関与していることが知られています。
妊娠中はこのエストロゲンともうひとつの女性ホルモンプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が徐々に盛んになることで髪は通常より抜けにくくなります。本来のヘアサイクルでは抜けるはずだった髪がそのまま抜けず維持されることになるわけです。

妊娠中に体毛が濃くなる人が多くなるのもエストロゲンの分泌量が増えるためです。

ところが、出産後はエストロゲンなど女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。
すると、通常のサイクルで抜ける髪とあわせて本来のサイクルでは妊娠中に抜けるはずだったけれどエストロゲンの影響で抜けなかった髪とが一緒に抜けてしまうため、一時的に抜け毛が多くなってしまうのです。
 

髪の毛には成長期・退行期・休止期という3つのサイクルがあります。
妊娠・出産時は女性ホルモンの影響で成長期から退行期をとばして休止期に移行してしまうようです。

成長期=髪が成長する期間
退行期=髪の成長が止まる期間 ← この期間がなくなる!
休止期=髪が抜け新しい髪の毛が生えるまでの準備期間

通常、休止期は3~4ヶ月続きますので一気に抜けてしまった髪の毛が生え始め薄毛状態が解消されてくるのはその期間が過ぎてからです。
 

栄養不足による出産後の抜け毛

胃のむかつきや吐き気など妊娠中のつわりが重いと、食欲不振になったり偏食になったりして栄養バランスの取れた食事が摂れなくなったりします。すると、健康な髪を作るために必要な栄養も不足して抜け毛が増えることになります。
また、妊娠中にきちんと食事ができて栄養をとっていたとしても、出産後は慣れない子供の世話などで忙しく食事ができなかったり、体型を戻そうと過度なダイエットをしたりすることで栄養が不足し抜け毛を助長してしまうこともあります。

生活の変化による出産後の抜け毛

出産後退院すると、それまでのライフスタイルに育児という慣れない行動が加わります。
もちろん配偶者や同居する親族の助けはあるでしょうが、すべてを頼るわけにはいきません。
特に夜間、ぐずる子供をあやしたり授乳したりすることは想像以上に重労働で睡眠不足を招くことにもなります。
出産により消耗した体調が完全に回復しないうちにそうしたことに追われることでストレスが蓄積し、結果抜け毛を加速させてしまうと考えられます。

 

出産後の抜け毛の対処法は?

出産後の抜け毛は一定の時期を過ぎればヘアサイクルが正常化され治まってきますので、特別なことをせずとも時間が解決してくれます。
それでも気になる場合は、抜け毛の原因に対処することで症状を軽くすることができるかもしれません。具体的には次のような方法が有効であるといわれています。

ストレスの発散

過度のストレスはホルモンバランスを乱し抜け毛が増える原因になります。
ストレスの発散や軽減を心掛けることはホルモンバランスや自律神経を整えることにつながり髪にも良い影響を与えることでしょう。

バランスの良い食事

髪の主成分であるタンパク質をはじめ、新陳代謝を促進するために大切な栄養素となるミネラルやビタミンが含まれた食事をバランスよく摂取し頭皮環境を整えましょう。

適度な運動と十分な睡眠

適度な運動は血流改善にとても有効ですので、無理のない範囲でウォーキングなどの軽めの運動をしましょう。
また、髪の成長に重要な成長ホルモンは特に睡眠中に多く分泌されます。毎日しっかり睡眠をとり成長ホルモンの分泌を促進しましょう。

さいごに

誰でも突然抜け毛の量が増えてきたら不安になってしまうでしょう。
でも大丈夫。出産後の抜け毛は多くの人が経験する一過性のことで、やがては元に戻るものなのであまり気にする必要はないようです。髪型を変えてみたり気に入った帽子を見つけたりするなどして、できるだけ気にすることなくストレスを溜めずに過ごしましょう。

時間がたてば抜け毛の症状は徐々に治まってきますので気にしすぎないことが一番大切です。

もしどうしても気になってしまいストレスになるようでしたら、女性のために考えられた育毛シャンプー初回割引料金で手軽に利用できる女性用育毛剤を試してみるのもいいでしょう。頭皮環境を整えたり必要な栄養を直接与えたりすることで症状が改善されるかもしれません。

女性の抜け毛や薄毛の対策には通販で買える女性用育毛シャンプー
抜け毛や薄毛が気になり出したとき、比較的手軽に試すことができる育毛対策として育毛シャンプーの利用・サプリの服用・育毛剤の使用の3つの方法があります。今回は、その中の一つ育毛シャンプーにはどんなものがあるか簡単にまとめてみたいと思います。
女性の育毛剤をネットでお試し購入する際は割引条件を要チェック ~3,000円以内で試せるおすすめの女性用育毛剤比較~
数多く発売されている女性の育毛剤(育毛美容液)のなかで、代表的な有効成分が含まれた医薬部外品でありながら初回割引特典により3,000円以内のリーズナブルな価格で試すことができる育毛剤をまとめてみました。