抜け毛に悩む女性が増加中? 知っておきたい特徴・原因・対処法

抜け毛の症状はある日ふと気づき気になり始めます。

  • 髪の弾力がなくなった気がする
  • 床や洗面台に落ちている髪が目に付くようになった
  • 分け目が少し広がったような気がする

最初はこんなちょっとした違和感から始まり、徐々に髪が薄くなってきていることを実感するようになります。これまで男性特有の悩みのように思われてきた脱毛症ですが、最近は多くの成人女性にとっても大きな悩みの種になっているようです。

今回は、女性の抜け毛の症状やその要因と自分で出来るヘアケアなどについて確認してみます。

女性特有の抜け毛の特徴と種類は?

女性の薄毛は、男性のように生え際や頭頂部が集中的に抜けるのではなく、髪がやせて細くなり全体的にうっすらと抜ける特徴があります
薄毛の部分が全体的に広がっていくことから《女性型の脱毛症=びまん性脱毛症》とひとまとめに呼ばれることも多いのですが、その原因によりいくつか種類があります。

びまん性脱毛症(女性型脱毛症)

びまん性脱毛症は、更年期や閉経後のホルモン分泌量減少により起こる女性特有の脱毛です。
頭髪のボリュームが全体的に少なくなることが特徴的で、ひどい場合は頭皮が薄く透けて見えるようになってしまうこともあります。見た目の印象が変わってしまいますので、心理的に大きなストレスを感じることもあり、それによってさらに抜け毛が増えてしまうという悪い循環に陥ってしまうこともあるようです。

分娩後脱毛症(出産後脱毛症)

出産前後に女性ホルモンの分泌量が変化することで生じる脱毛です。
多くの場合1~2年で症状は治まりますが、体力の回復状況により稀に長引くケースもあるようで、頭髪全体にびまん性の脱毛が生じます。

FAGA (女性男性型脱毛症)

加齢によるホルモン低下によって生じる脱毛です。
男性の俗にいうM字型やU字型といった生え際が後退する脱毛と違って髪全体が薄くなります。
その中でも特に頭頂部が透けやすい傾向があるようです。

 

女性の抜け毛の原因は?

女性の抜け毛の原因としては、「加齢によるホルモンバランスや髪の成長サイクルの乱れ」「妊娠中・出産後のホルモンバランスの乱れと栄養不足」「カラーリングやパーマなどによる髪への直接的なダメージ」などが挙げられます。その中でも主な原因となるものをいくつか見てみます。

加齢によるホルモンバランスや髪の成長サイクルの乱れ

閉経を迎えると、髪の成長に関与する女性ホルモンの一つエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減少し、髪にハリやコシがなくなり抜けやすい状態になってしまいます。
また、加齢とともに髪が抜けた後新しい髪の毛が生えるまでの準備期間である休止期が長くなり、髪が細く軟らかくなって抜けやすくなったりすることで、ボリュームが減り薄毛が気になるようになります。

成長期=髪が成長する期間
退行期=髪の成長が止まる期間 
休止期=髪が抜け新しい髪の毛が生えるまでの準備期間 ← この期間が長くなる!

加齢を原因とした脱毛については下の記事でも書いていますので参照ください。

妊娠中・出産後のホルモンバランスの乱れと栄養不足

出産後に抜け毛が増える原因は妊娠中と出産後のホルモンバランスの乱れです。
女性ホルモンの一つエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響で妊娠中抜けなかった髪が、出産後それの減少により通常のサイクルで抜ける髪と一緒に抜けてしまい一時的に抜け毛が多くなってしまうのです。
また、吐き気や胃のむかつきなど妊娠中のつわりにより食欲不振になった結果、栄養が不足し抜け毛を助長してしまうこともあります。

成長期=髪が成長する期間
退行期=髪の成長が止まる期間 ← この期間を飛ばしてしまう!
休止期=髪が抜け新しい髪の毛が生えるまでの準備期間

妊娠・出産を原因とした脱毛については下の記事でも書いていますので参照ください。

カラーリングやパーマなどによる髪への直接的なダメージ

ブリーチやパーマなどで薬剤を頻繁に使うことは、髪だけでなく頭皮にもダメージをあたえ髪の生成を阻害して抜け毛が増える原因となります。
また、髪を引っ張る髪型も髪と頭皮の両方へ負担がかかりやすいため抜け毛が増える原因となることがあるようです。

上記の他にも、自己免疫疾患の一種である円型脱毛症や頭皮のトラブルによる脱毛症、病気によっておこる脱毛症、服用している薬剤の影響で起こる脱毛症、過度のダイエットなどを原因とする栄養不足によっておこる脱毛症など女性の抜け毛には多くの原因があるようです。

 

女性の抜け毛の対処法は?

髪は毛母細胞が活発に活動することで成長します。そのため、毛母細胞を健やかに保つよう生活習慣を整えて健康的な生活を送ることがとても大切になります。
そのほかにもホルモンバランスを整えたり頭皮の血行を促進したり日々の生活に気を使うことで症状が改善されることもあるようです。
一般的に有効であるといわれている方法には以下のようなものがあります。

適度な運動と十分な睡眠

適度な運動は血流改善にとても有効ですので、無理のない範囲でウォーキングなどの軽めの運動をしましょう。
また、髪の成長に重要な成長ホルモンは特に睡眠中に多く分泌されます。毎日しっかり睡眠をとり成長ホルモンの分泌を促進しましょう。

ストレスの発散

過度のストレスはホルモンバランスを乱し抜け毛が増える原因になります。
ストレスの発散や軽減を心掛けることはホルモンバランスや自律神経を整えることにつながり髪にも良い影響を与えることでしょう。

育毛シャンプーの利用・頭皮マッサージ

頭皮に優しい成分のシャンプーで皮脂を残しながら汚れを落とし清潔な状態を保つことは抜け毛予防になるようです。
あわせて頭皮をマッサージすることで血行を促進し頭皮環境を整える効果があります。
シャンプー後はすすぎ残しがないよう十分に洗い流すことが大切です。

【下の記事では女性のために考えられた育毛シャンプーをいくつか比較しています】

育毛サプリの使用

ノコギリヤシ、イソフラボンなどホルモンのバランスを整えるといわれる成分が含まれるものなど多くの種類のサプリメントが発売されています。
自身の抜け毛の原因を改善できる成分が含まれるサプリを一定期間継続してを服用することで、体の内側から抜け毛を抑制する効果が期待できます。

女性用育毛剤の使用

育毛剤を使うことで頭皮環境の改善が期待できます。
女性用育毛剤の主要成分であるセンブリエキスやグリチルリチル酸ジカリウムは、髪を作る毛母細胞に働きかける成分が含まれていますので抜け毛対策には有効です。

【下の記事では初回割安な金額で試すことができる女性用育毛剤を比較しています】

専門クリニックでの治療

薄毛専門クリニックや皮膚科では、内服薬や外用薬を用いて治療することができます。
他の方法と違い本格的な効果を期待できますので、しっかり治療したい場合や自身でのケアに限界を感じた場合は受診してみましょう。

 

さいごに

女性にとって抜け毛や薄毛など髪の悩みはとても大きなストレスになるでしょう。
突然スタイリングが決まらなくなったり、ブラシにいつもより多く髪が絡まっているような気がしたらいずれかの脱毛症のサインかもしれません。
自身に合った方法で早めのケアを心がけましょう。