「ラクマ」で支払期限内に支払いがなければ取引は自動キャンセル

ネットフリマでの取引回数は3桁を越えました。
その中にはとても気持ちの良い取引もあれば理不尽な理由でのキャンセルなど後味の悪い取引もありましたが、今回は購入申請後なんのアクションもないという初めてのケースでしたので、同じような状態で困惑している方がいたら参考にしてもらえるよう画像付きでまとめてみます。

ちなみに最終的には支払期限切れにより自動キャンセルになりました。

ラクマの購入申請機能とは?

ラクマでの取引において出品物の購入希望者が出品者へ購入の意思を伝える機能です。

出品者は、購入申請が来た時点で購入希望者のプロフィールやそれまでの取引評価などを確認することができるため、どのような人物なのかを判断し取引するか否かを決めることが可能になります。
そのため、将来起こるかもしれないトラブルを事前にある程度回避することが可能になるのです。

今回の記事は、そのような機能を使いながらも支払期限切れによる自動キャンセルというちょっとしたトラブルを経験した記録になります。

購入申請承認から自動キャンセルまで

ここからは購入申請を承認してからただ時間だけが過ぎ、最終的に自動キャンセルになるまでの流れです。
なお、申請承認の画像は省略させていただきました。

購入申請承認後支払期限まで

購入申請を承認すると、その商品は「出品した商品」画面の取引中の欄に支払い待ちとして表示され、出品商品一覧の画面ではsold outと表示されます。
また「出品した商品」画面の商品欄をタップすると、商品代金や販売手数料などの詳細情報と合わせて支払期(画像赤丸部分)が表示され確認する事ができます。

上の画像を見ると、今回の取引の支払期限は7時間53分19秒後の2021年6月5日23時59分だということが確認できます。

ラクマでの取引は、購入申請が出品者に承認された日の翌々日の23時59分が代金支払の期限になります。

支払期限翌日0時以降

もし期限までに支払いがなかった場合、自動キャンセルになったことを伝える通知がアプリに届きます。
その通知(画像赤丸部分)をタップすると「キャンセル取引一覧」の画面(下の画像)が開きます。

「キャンセル取引一覧」の画面では、取引がキャンセルになった事実を確認するのにあわせて取引相手を評価するかどうかを確認されます。
評価する場合は取引相手が表示された欄にある《評価画面》をタップして「キャンセル評価」画面を開き、通常の取引と同様に相手を3段階評価し必要に応じてコメントを記入しましょう

相手を評価をしない場合は「キャンセル取引一覧」画面左上の「×」をタップすれば取引は終了します。
なお、今回のように支払がなく自動キャンセルになった場合、相手を評価できるのは出品者だけです

支払期限翌日9時前後

ラクマの公式アナウンスにあるように、支払期限翌日の午前9時前後にカスタマーサポートから取引自動キャンセルのメールが届きます。
そして商品画像からはsold outの表示が消え、あらためて販売中に戻ります

ここまでが、購入申請承認後に支払いがなかったケースでの取引の流れでした。

さいごに

今回は「ラクマ」の取引で購入申請後なんのアクションもないまま支払期限切れにより自動キャンセルになったケースをまとめてみました。

「ラクマ」での取引がはじめてのようだったので、購入申請のシステムをよく理解していない可能性もあると思いしつこい催促は避けたのですが、結局最後まで何の連絡もなく申請を承認してから2日と少しの間気をもむことになりましたし、次にこの人と取引する人が同じ目に合っては気の毒なので悪い評価をしておきました。

この記事が同じような相手にあたってしまい困惑している方の参考になれば幸いです。

今回確認できたことは?

購入申請を承認後、支払期限内に支払いがなかった場合

  • 当人同士でやり取りせずとも自動でキャンセル処理される
  • 自動キャンセルにより出品者に何ら不利益になることはない
  • 評価ができるのは出品者側だけなので申請者から不当な評価をされることはまずない