「メルカリ」と「ラクマ」はどちらが売れやすいか閲覧数といいねの数を出品から2日間比較してみた

ネットフリマを利用して品物を販売したいと思った時、「どのくらい利益が出るか?」とか「いつ(どれだけ早く)売れるか?」といったことが気になるのではないでしょうか?
今回は、「早く買ってもらう」という点でメルカリとラクマのどちらがお勧めできるかを、実際に4つの商品を同時出品して比較してみました。
少数出品で短期の検証ですが傾向を見る意味で参考になれば幸いです。

メルカリとラクマの閲覧数比較

商品Aと商品Bは同一商品の色違い、商品Cと商品Dは商品は異なりますが同じメーカー製の品物です。価格は商品AからDまでほぼ同じ金額に設定しました。

出品直後の閲覧数比較

閲覧者が増えるであろうお昼休みを狙い出品し1~2分経過した時点での管理画面です。
メルカリでは狙い通り一気に閲覧数が増えたのですが、ラクマでは思ったような結果にはなりませんでした。

メルカリ

ラクマ

 メルカリラクマ
閲覧数いいねの数閲覧数いいねの数
商品A10000
商品B14000
商品C23000
商品D7040

出品1日後の閲覧数比較

出品1日後はラクマの閲覧数も徐々に増え始め、商品Dは閲覧数がメルカリに並びました。
とはいえ、商品Cはラクマの4倍の閲覧数になるなど、総じてメルカリのほうが閲覧数は上回っています。
また、メルカリの商品には少しずつですが“♡いいね”が付き始めました。

メルカリ

ラクマ

出品1日後メルカリラクマ
閲覧数いいねの数閲覧数いいねの数
商品A282140
商品B292210
商品C423110
商品D140140

出品2日後の閲覧数比較

検証最終日の結果もやはりメルカリがリードして終わりました。
ただし、残念ながら購入者は現れませんでした。

メルカリ

ラクマ

出品2日後メルカリラクマ
閲覧数いいねの数閲覧数いいねの数
商品A313180
商品B342240
商品C503150
商品D160171

同じ時間での閲覧数比較は、ほぼすべてメルカリで出品した物のほうが多く見られていました。
それにあわせて、“♡いいね”もメルカリのほうが多くつきました。

メルカリとラクマの閲覧数推移

ここでは計測した時間ごとの閲覧数をグラフにして、「出品後どのように閲覧数は増えたのか」「閲覧数はこれからどう増えていくだろうか」ということを考えてみます。

出品後2日間の閲覧数推移

商品AとB(同一商品比較)

商品AとBは、色違いの同一商品で値段も同じくらいに設定したため閲覧数も同じように推移しています。
いずれもメルカリの閲覧数がラクマを上回っています。

商品CとD(異なる商品)

こちらのグラフを見ると、商品Cはメルカリでの閲覧数が圧倒的に多いのに対し、商品Dでは同じくらいの閲覧数になっています。
メルカリとラクマでは好まれる品物に違いがあるということでしょう。

出品後2日間の閲覧数推移を見ると、4商品のうち3商品で日を追うごとにラクマよりメルカリの閲覧数が増えていることがわかります。
「閲覧数が多い=早く売れやすい」と考えるとすれば、ラクマに比べ利用者が多いメルカリに出品したほうが閲覧数が増えるスピードが速く、比較的早く買ってもらえる可能性が高いといえるでしょう。
閲覧数の伸びは徐々に鈍化していくということも確認できました。

さいごに

今回は、メルカリとラクマに同一商品を出品し閲覧数の推移を検証してみましたが、出品直後からメルカリがラクマをリードし、そのまま検証最終日に至るという結果でした。
検証期間が2日間と少し短いのですが、それを過ぎると徐々に検索順位が下がり閲覧数も伸び悩み始めるといわれていますので、「メルカリのほうが閲覧数が多い=早く売れやすい」と考えることができるのではないかと思います。

とはいえ、手数料はラクマのほうが割安ですので、ある程度高い価格設定で時間をかけて売りたいものはラクマ、できるだけ早く売りたいものはメルカリなど両方を使い分けてもいいでしょう。

【追記】出品後20日時点での状況

出品から20日経過した時点での状況を追記します。
4つのうち3つメルカリで売却できました。

 メルカリラクマ
閲覧数いいねの数閲覧数いいねの数
商品A出品14日目に売却  
商品B出品12日目に売却  
商品C1157472
商品D出品17日目に売却