FENDIの腕時計(ムーブメント : ETA955412)の電池を自分で交換

機械式時計やソーラー時計などでない多くの腕時計は2年前後で電池交換の時期を迎えますので、時計店などの専門店に依頼して交換をしてもらいます。
通常は1,000円から3,000円程度でその日のうちに交換できるので、そこから再度2年間使用することができることを考えれば決して高価な買い物ではないでしょう。
ただし、品物によってはメーカー対応になり高額になってしまう場合や、自店で作業できない店に依頼した場合にはかなりの時間がかかってしまう場合があります。
そんなこともあってか、最近は自分でできるよう腕時計の電池交換に使う工具が手軽に入手できるようになりました。

今回の記事は、ネット通販で入手した腕時計工具セットを使ってFENDIの腕時計の電池を自分で交換した記録です。

腕時計の電池交換は、作業時にコイルをキズつけてしまったり針がはずれてしまったりして時計が使用できなくなるリスクがあります。
注意‼腕時計の電池交換を自分で工具を買ってするときのリスク
最近はネット検索すれば腕時計の電池交換作業を紹介しているページを数多く見つけることができます。 そのため自分でチャレンジすることが容易になりましたが、取り返しのつかないことになってしまう失敗もあるようです。

電池交換の準備をする

今回電池交換した時計

FENDIの腕時計です。

  • 裏ブタの開け方:こじ開けタイプ
  • ムーブメントの型番:ETA 955412
  • ボタン電池の型番:SR920SW

工具の準備

裏蓋がこじ開け式の場合、電池交換には以下のような工具が必要になりますので準備します。

  • 指サック
    ムーブや電池に直接触れないように使用します。
  • ピンセット
  • ばね棒外し
  • こじ開け器
  • 精密ドライバー(-)
大きめの100円ショップですべて揃えることができますが、(一部100円では買えないものやセットで売っているものもあります。)千円ちょっとで下のようなセットを購入することもできます。

ボタン電池の準備

Amazonではmaxellのボタン電池SR920SWが送料込み360円(執筆時)で出品されていました。

【ボタン電池のSWとW
時計用の酸化銀ボタン電池には、SWとWの2つのタイプがあります。

それぞれSWタイプはアナログ時計など比較的負荷の小さな時計に、Wタイプはデジタル時計などパワーが必要な時計に利用されます。

 

 

電池を交換する

裏蓋を開ける

まずは赤丸部分の溝にこじ開け器を差し込み裏蓋を開けます。

今回の時計のように、こじ開け器を当てたすぐ内側にコイルが配置されている時計も多くありますので、コイルにキズをつけ時計を壊してしまうことがないよう細心の注意が必要です。

古い電池を外し新しい電池をセットする

精密ドライバーなどで電池を浮かせ、ピンセットなどで外します。
表面に見える回路やコイルに触れてキズをつけないよう注意して行います。

赤丸で囲った部分はコイルです。
ドライバーやピンセットでこの部品にキズをつけてしまうとかなり高い確率で時計が動かなくなりますので細心の注意が必要な作業です。

電池を外したら新しい電池を用意し、回路やコイルにキズをつけないよう注意しながら外した時と反対の手順で電池をセットし秒針が動くことを確認します。

電池の持ち方にも注意が必要です。
素手で電池に触れないことはもちろんですが、次の画像の誤った持ち方のように上下をつまんでしまうと電池がショートしてしまいますので、
必ず側面をつまむか絶縁されたピンセットを使用するようにします。

正しい持ち方

誤った持ち方

裏蓋を閉める

電池を交換して作動確認をしたら上下に注意して裏蓋を閉めます。
裏蓋には竜頭の位置に合わせるよう切込みの加工がしてある時計が多いのですが、今回の時計のようにそれがない場合はデザインを見て上下を合わせます。

こじ開け式の時計で厄介なことの一つが、裏蓋が硬くて閉められないものがあるということです。
そんな時は下のような器具を使い閉めることができますが、扱い方によっては風防ガラスを破損したりケースにキズをつけたりする場合があります

時刻を合わせて終了

最後に時刻とカレンダーを合わせて終了です。
今回の所要時間は10分でした。

情報通信研究機構のホームページでは日本標準時が確認できます。
⇒ 情報通信研究機構公式サイト