移動済み

退職後無保険にならないためまずは国民健康保険の加入方法を確認

退職時、それ以降のため手続きが必要になるものに「健康保険」と「年金」があります。 今回はその中で「国民健康保険」の加入手続きについて確認したいと思います。 市区町村役場の担当窓口でかんたんに済ませることが出来ます。 国民健康保険 日本では国...
退 職

退職したら翌年納付する税金についても準備が必要だった

「国民健康保険」や「国民年金」には失業期間中の優遇制度がありますが、税金にはそのようなシステムはありません。 無職の人間にも容赦なく納税通知書は送られてきます。 実際に通知を受け取ってからがっかりしないよう、退職後失業給付を受ける場合は心の...
移動済み

退職したら最初にする手続きを確認~健康保険・失業保険・年金~

退職が決まったら何をすべきか?今回は仕事を辞めたら最初にしておくべき手続きの中から、社会保障に関連する「健康保険」「年金」「失業保険」の手続きを確認してみます。
ハローワーク

失業手当を満額もらうための条件は?必要残日数や求職活動実績などハローワーク担当者に直接聞いてきた

残日数があれば失業期間中は満額受け取れると思っていた失業手当ですが、実は再就職しても直前の失業認定日から就職前日までの給付を無条件で受けられるわけではないようです。
移動済み

最安19,800円!即日退職も可能な退職代行を料金の安い順に比較

すぐにでも仕事を辞めたいのだけれどなかなか辞められない。 そんな人のために即日退職の手助けをしてくれるサービスが退職代行です。 今回は料金・対応・保証などを確認しおすすめできる退職代行業者を比較してみました。
移動済み

ここがおすすめ‼ 料金が安いバイトとパートの退職代行サービス

いろいろな理由でアルバイトやパートを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか? そんな時に便利なサービスが「退職代行サービス」です。
移動済み

退職時に選ぶ健康保険「任意継続」と「国民健康保険」はどっちが得?

退職後に加入する健康保険は「健康保険任意継続」と「国民健康保険」のどちらがよりお得か2つの制度を比較してみることにしました。
ハローワーク

失業手当の給付残日数が足りず受講推薦で職業訓練を受けることに

求職活動中に、再就職に有利に働くよう知識や技術を習得できる制度が「公共職業訓練」です。 公共職業訓練には「受講指示」と「受講推薦」がありますが、私は失業手当の給付残日数の関係で「受講推薦」という形で訓練を受けました。
移動済み

失業手当(求職者給付)受給のためにはまず求職申込み手続きが必要

会社を退職して1週間後、雇用保険関係の書類一式が届きました。 失業者というと言葉の響きは悪いですが、焦らずゆっくり次のことを考えようと思っているので、まずは当面の生活のため求職者給付(失業手当)の受給手続きをすることにしました。 今回は、ハ...
ハローワーク

初回失業認定手続き時にはついでに求職活動実績も作ってしまおう

求職者給付の基本手当は、原則として4週間に1度ハローワークに行き、その間失業の状態であったことを申告する必要があります。せっかくハロワに行くのだからということで、ついでに相談をして求職活動実績を1回分作ってきました。