退職や転職を考えたとき知っておきたいこと

退職や転職を考えたとき知っておきたいこと退職と転職

退職や転職というものは人生でそう何度もあるものではないでしょう。
そのようなこともあり手続きの勝手などがわからずに一苦労されている人も多いようです。
このカテゴリーでは私自身が中途退職した時の経験をまとめました。
退職や転職を考えている人やハローワークでの手続きを知りたい人などの参考になれば幸いです。

転 職

フランチャイズは稼げる~おすすめ業種やメリット・デメリット~

フランチャイズとは、フランチャイザーと呼ばれる運営本部に個人や法人がフランチャイジーとして加盟し、ロイヤリティーなどを支払うことで名称を使用する権利やオリジナルの商品、営業ノウハウなどの提供を受けることができるシステムです。
退 職

最安19,800円!即日退職も可能な退職代行を料金の安い順に比較

すぐにでも仕事を辞めたいのだけれどなかなか辞められない。 そんな人のために即日退職の手助けをしてくれるサービスが退職代行です。 今回は料金・対応・保証などを確認しおすすめできる退職代行業者を比較してみました。
ハローワーク

失業手当を満額もらうための条件は?必要残日数や求職活動実績などハローワーク担当者に直接聞いてきた

残日数があれば失業期間中は満額受け取れると思っていた失業手当ですが、実は再就職しても直前の失業認定日から就職前日までの給付を無条件で受けられるわけではないようです。
退 職

会社を辞めたい‼ そんな時料金が安くておすすめの退職代行は?

現在の職場に不満があり「出来ることならすぐにでも仕事を辞めたい」と思っている人は多いのではないでしょうか? 今回は、そんな時にとても頼りになる「料金が安くておすすめの退職代行サービス」を3つ比較してみました。
退 職

会社都合か自己都合かの違いで退職後に得することと損すること

実際に退職するまで知らなかったことなのですが、退職には大きく分けて「会社都合退職」と「自己都合退職」の2種類があります。 どちらに該当するかによって退職後に受けることができる社会保障などに違いがありますので、退職を考えている人にとってはぜ...
ハローワーク

失業手当(求職者給付)受給のためにはまず求職申込み手続きが必要

会社を退職して1週間後、雇用保険関係の書類一式が届きました。 失業者というと言葉の響きは悪いですが、焦らずゆっくり次のことを考えようと思っているので、まずは当面の生活のため求職者給付(失業手当)の受給手続きをすることにしました。 今...
退 職

退職願と退職届のどちらが正解か?書き方と注意点を確認

退職を申し出る書類には退職願・退職届・辞表といくつか書式がありますが、それぞれの違いや正しい使い方、書類作成時のポイントなどわかりにくい点を確認してみました。
ハローワーク

職業訓練の試験や入校式はほとんどの人がスーツを着用していた

自身のスキルアップのために利用できる制度として「公共職業訓練」があります。 事務系・建設系・情報系などさまざまな内容のカリキュラムの中から好きなものを選択でき、いずれも教材費などを除き講習の費用がかからないといううれしい制度なのですが、受...
退 職

退職したら最初にする手続きを確認~健康保険・失業保険・年金~

退職が決まったら何をすべきか?今回は仕事を辞めたら最初にしておくべき手続きの中から、社会保障に関連する「健康保険」「年金」「失業保険」の手続きを確認してみます。
ハローワーク

所要時間たった5分で出来る求職活動実績の簡単なつくりかた

失業保険給付期間中の求職活動実績ですが、わりと簡単につくる方法があります。 短い記事になると思いますが、ひとりでも参考にしてくれる人がいればということで今回書かせてもらうことにしました。 私が通ったハローワークでは有効だった求職活動実績の作成方法です。
ハローワーク

令和3年の求職者給付の基本手当(失業手当)日額を確認

今年も例年同様「雇用保険の求職者給付の基本手当(失業手当)額」が改訂され8月1日から適用されました。令和2年に比べやや減ってしまっているようですが、実際受け取れる額はどのくらいなのかを今年も調べてみました。 求職者給付の基本手当(失業手当...
ハローワーク

初回失業認定手続き時にはついでに求職活動実績も作ってしまおう

求職者給付の基本手当は、原則として4週間に1度ハローワークに行き、その間失業の状態であったことを申告する必要があります。せっかくハロワに行くのだからということで、ついでに相談をして求職活動実績を1回分作ってきました。
退 職

会社を辞めたくなった時に気になる退職金の平均支給額や算出方法

退職を考える時、気になることの一つに退職金があります。一体どのくらい支給されるのか?統計を参考にある程度の金額を把握しておきたいものです。