退職を考えたとき知っておきたいこと

退職を考えたとき知っておきたいこと退職とハロワ
ハローワーク

職業訓練の試験や入校式はほとんどの人がスーツを着用していた

自身のスキルアップのために利用できる制度として「公共職業訓練」があります。 事務系・建設系・情報系などさまざまな内容のカリキュラムの中から好きなものを選択でき、いずれも教材費などを除き講習の費用がかからないといううれしい制度なのですが、受講...
ハローワーク

失業給付金受給のためのかんたんな求職活動実績づくり

ハローワークでの失業認定と求職の申し込みが終わり失業者としての生活がスタートしました。 これからどのくらいの期間になるかはわかりませんが、仕事の事、老後の事、この機会にできる事などを考えながら、同時に毎月の給付金を受け取るための活動をするこ...
ハローワーク

失業手当の給付残日数が足りず受講推薦で職業訓練を受けることに

求職活動中に、再就職に有利に働くよう知識や技術を習得できる制度が「公共職業訓練」です。 公共職業訓練には「受講指示」と「受講推薦」がありますが、私は失業手当の給付残日数の関係で「受講推薦」という形で訓練を受けました。
退 職

退職したら翌年納付する税金についても準備が必要だった

「国民健康保険」や「国民年金」には失業期間中の優遇制度がありますが、税金にはそのようなシステムはありません。 無職の人間にも容赦なく納税通知書は送られてきます。 実際に通知を受け取ってからがっかりしないよう、退職後失業給付を受ける場合は心の...
ハローワーク

初回失業認定手続き時にはついでに求職活動実績も作ってしまおう

求職者給付の基本手当は、原則として4週間に1度ハローワークに行き、その間失業の状態であったことを申告する必要があります。せっかくハロワに行くのだからということで、ついでに相談をして求職活動実績を1回分作ってきました。
ハローワーク

公共職業訓練中は求職活動などが免除になると聞いていたけれど

受講料がかからず新しい知識を得ることができ、その上訓練受講中は求職活動が不要になるとのことで始めた職業訓練ですが、実際は考えていた内容といささか違ったところがありました。
ハローワーク

失業手当を満額もらうための条件は?必要残日数や求職活動実績などハローワーク担当者に直接聞いてきた

残日数があれば失業期間中は満額受け取れると思っていた失業手当ですが、実は再就職しても直前の失業認定日から就職前日までの給付を無条件で受けられるわけではないようです。
ハローワーク

所要時間たった5分で出来る求職活動実績の簡単なつくりかた

失業保険給付期間中の求職活動実績ですが、わりと簡単につくる方法があります。 短い記事になると思いますが、ひとりでも参考にしてくれる人がいればということで今回書かせてもらうことにしました。 私が通ったハローワークでは有効だった求職活動実績の作成方法です。