移動済み

高齢者の「医療保険」「がん保険」選びは健康保険も確認してから

生命保険というとまず死亡保険を思い浮かべることが多いですが、それと並び身近な生命保険が医療保険です。 最近では実際にかかった費用を補償するタイプのものも出ていますが、今回はオーソドックスな医療保険とがん保険について考えてみます。 医療保険 ...
移動済み

退職時に選ぶ健康保険「任意継続」と「国民健康保険」はどっちが得?

退職後に加入する健康保険は「健康保険任意継続」と「国民健康保険」のどちらがよりお得か2つの制度を比較してみることにしました。
移動済み

会社都合か自己都合かの違いで退職後に得することと損すること

実際に退職するまで知らなかったことなのですが、退職には大きく分けて「会社都合退職」と「自己都合退職」の2種類があります。 どちらに該当するかによって退職後に受けることができる社会保障などに違いがありますので、退職を考えている人にとってはぜひ...
ハローワーク

失業手当の給付残日数が足りず受講推薦で職業訓練を受けることに

求職活動中に、再就職に有利に働くよう知識や技術を習得できる制度が「公共職業訓練」です。 公共職業訓練には「受講指示」と「受講推薦」がありますが、私は失業手当の給付残日数の関係で「受講推薦」という形で訓練を受けました。
終 活

エンディングノートを自作しながら終活ですることを確認してみた ~オリジナルエンディングノートを無料ダウンロードできます~

無料でPDFをダウンロードできるオリジナルのエンディングノート《ライフメモ》の内容に沿って、終活ではなにをすればいいかについて考えてみました。市販品の購入を躊躇している方にもとりあえずのエンディングノートとして使用いただけます。
移動済み

国民健康保険の脱退手続きは自分でしないと誰もしてくれない?

私が会社を退職した時に家族全員「国民健康保険」に切り替えたのですが、今回妻が勤めることになり勤務先で健康保険に加入したため、その脱退手続きをすることになりました。 今回脱退をするのは妻だけでしたが、今後のことも考え国民健康保険を脱退するケー...
移動済み

「冠婚葬祭互助会」は葬儀費用対策に使える? その仕組みとメリットデメリット

葬儀のはなしをするときたびたび耳にする「互助会」ですが、なんとなくわかる気がするけれどよくわからないという人も多いのではないでしょうか。 今回はそんな「互助会」について簡単に確認してみましょう。 互助会とは 『互助会』という言葉をデジタル大...
移動済み

人気の高齢者みまもりサービスの内容や料金など特徴を比較

離れて暮らす高齢の両親はとても気になるものです。そんな不安を軽減できる「みまもりサービス」をいくつか比較してみました。もし一人で住んでいるようであれば安心のために一度考えてみてはいかがでしょう。
移動済み

葬儀場以外にも宇宙葬・樹木葬・海洋葬など 葬儀の種類とその特徴

終活を始めて考えることのひとつに葬儀の種類があります。 人生で葬儀の種類について考えたことがあるという人はそう多くないでしょう。だからこそ、これから必ず来る自分の最期のときのため、遺していくことになる大切な人たちの負担を少しでも減らすために...
移動済み

退職後無保険にならないためまずは国民健康保険の加入方法を確認

退職時、それ以降のため手続きが必要になるものに「健康保険」と「年金」があります。 今回はその中で「国民健康保険」の加入手続きについて確認したいと思います。 市区町村役場の担当窓口でかんたんに済ませることが出来ます。 国民健康保険 日本では国...
終 活

葬儀費用を保全するため銀行口座凍結の対策をして終活スタート

この歳になると、親族や知人の親の葬儀に出席することも増えてきました。 必然的に自分が死んだときのことも意識するようになり「終活」を考えるようになったのですが、葬儀の場で耳にして気になったのは、何よりも「銀行口座の凍結が思ったより早くて大変だ...
移動済み

退職後の「国民健康保険」は軽減制度を利用して支払額を抑える

退職が決まり健康保険の手続きを調べていると、国民健康保険には保険料負担を減らせる可能性があることが分かりました。 場合によっては健康保険の任意継続よりも保険料を安く抑えることができるようです。 そうなれば、収入が激減するこの時期、経済的にと...
移動済み

入りやすい死亡保険は要注意⁉無審査保険の注意点とシニア世代の保険金額の目安は?

自身がもしもの時、遺される人に支払われる保険が一般に言う「死亡保険」です。 もしもの時にご家族など遺される人に負担をかけないために「死亡保険」は有効なのか、シニア世代になってから準備するのならどのくらいの金額が必要なのかをしらべてみました。...