ハローワーク

所要時間たった5分で出来る求職活動実績の簡単なつくりかた

失業保険給付期間中の求職活動実績ですが、わりと簡単につくる方法があります。 短い記事になると思いますが、ひとりでも参考にしてくれる人がいればということで今回書かせてもらうことにしました。 私が通ったハローワークでは有効だった求職活動実績の作成方法です。
移動済み

退職後の国民年金保険料は特例免除申請をして負担を軽減

失業状態になり「国民年金」に加入することになった場合、失業者の特例免除を利用することで期間中国が保険料の一定割合を負担してくれている状態になります。
移動済み

退職書類を確認 ~退職する時と退職した後に必要な書類は?~

退職するときには、勤務先から貸与されていたものなどを返却し今後必要になるものを受け取る手続きが必要になります。 ここでは、退職時に記入・提出が必要な書類や返却すべき備品類とその後のために受け取る書類を確認します。
移動済み

失業手当(求職者給付)受給のためにはまず求職申込み手続きが必要

会社を退職して1週間後、雇用保険関係の書類一式が届きました。 失業者というと言葉の響きは悪いですが、焦らずゆっくり次のことを考えようと思っているので、まずは当面の生活のため求職者給付(失業手当)の受給手続きをすることにしました。 今回は、ハ...
移動済み

退職時に選ぶ健康保険「任意継続」と「国民健康保険」はどっちが得?

退職後に加入する健康保険は「健康保険任意継続」と「国民健康保険」のどちらがよりお得か2つの制度を比較してみることにしました。
ハローワーク

失業給付金受給のためのかんたんな求職活動実績づくり

ハローワークでの失業認定と求職の申し込みが終わり失業者としての生活がスタートしました。 これからどのくらいの期間になるかはわかりませんが、仕事の事、老後の事、この機会にできる事などを考えながら、同時に毎月の給付金を受け取るための活動をするこ...
移動済み

高齢者の「医療保険」「がん保険」選びは健康保険も確認してから

生命保険というとまず死亡保険を思い浮かべることが多いですが、それと並び身近な生命保険が医療保険です。 最近では実際にかかった費用を補償するタイプのものも出ていますが、今回はオーソドックスな医療保険とがん保険について考えてみます。 医療保険 ...
移動済み

会社都合か自己都合かの違いで退職後に得することと損すること

実際に退職するまで知らなかったことなのですが、退職には大きく分けて「会社都合退職」と「自己都合退職」の2種類があります。 どちらに該当するかによって退職後に受けることができる社会保障などに違いがありますので、退職を考えている人にとってはぜひ...
移動済み

会社を辞めたくなった時に気になる退職金の平均支給額や算出方法

退職を考える時、気になることの一つに退職金があります。一体どのくらい支給されるのか?統計を参考にある程度の金額を把握しておきたいものです。
移動済み

墓地以外の納骨を比較 ~納骨堂・樹木葬・海洋(宇宙)散骨など~

少し前まででしたら納骨といえば「お墓に遺骨を埋葬すること」だったかもしれませんが、最近ではお墓を持たない人も増えているようです。では、そのような人たちはどのような納骨方法を選んでいるのでしょうか。今回は、お墓への埋葬以外にどのような納骨方法...
移動済み

退職後無保険にならないためまずは国民健康保険の加入方法を確認

退職時、それ以降のため手続きが必要になるものに「健康保険」と「年金」があります。 今回はその中で「国民健康保険」の加入手続きについて確認したいと思います。 市区町村役場の担当窓口でかんたんに済ませることが出来ます。 国民健康保険 日本では国...
移動済み

ハロートレーニング(職業訓練)の主な種類と訓練コース

「就職先を探そう」 「でも経験やスキルがない」 「専門的な知識を身につけたい」 そんな時に役立つ制度がハロートレーニング(職業訓練)です。 今回は働く意思があれば誰でも基本無料で利用するチャンスがある公的制度ハロートレーニング(職業訓練)の...
終 活

葬儀費用を保全するため銀行口座凍結の対策をして終活スタート

この歳になると、親族や知人の親の葬儀に出席することも増えてきました。 必然的に自分が死んだときのことも意識するようになり「終活」を考えるようになったのですが、葬儀の場で耳にして気になったのは、何よりも「銀行口座の凍結が思ったより早くて大変だ...